カテゴリ

カテゴリ:クラリネットの基本

☆ラ→シをスムーズに吹けるようにするには?

カテゴリ:
こんにちは!
クラリネット講師の田中由紀奈です。

今回は、初心者の最初の関門となる
「ラ→シ」のコツについてです。


まず気を付けて頂きたいのが、
「ラ」の指の形。
キーの押し方にコツがあります。

ラのキーを押す時は左手人差し指の腹ではなく、側面(上側)で押しましょう。

手首を少し上に返すようにすると最短で当たる所です。

下の写真は良い例と悪い例の比較です。

良い例では、悪い例に比べて人差し指を少し傾けているのがわかりますか?

こうすることによって無駄な指の動きがなくなり、綺麗なスラーがかけられるようになってきます。


次に「ラ→シ」の練習方法ですが…
正直、地道に反復練習するのがシンプルかつ最短な方法だと思います(^_^;)

〔譜例〕
メトロノームをかけながら、
「四分→八分→三連符→十六分」とだんだんこまかくして上手くスラーで吹けるかどうかやってみてください(*^^*)


では今日も練習頑張りましょう〜!


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ




【基礎知識】楽器の持ち方について

カテゴリ:
前回の記事では、楽器の組み立て方を解説しました。

次に、楽器の持ち方を説明します。

下の写真をご覧ください。

このように左手で上管の穴をふさぎ、右手で下管の穴をふさぎます。

左手の親指は上管の裏側にある穴をふさぎますが、右手の親指は下管の裏側にある、指かけに引っ掛けます。

図ではこのようになります。
表側の穴は両手とも上から、
人差し指・中指・薬指の順番です。


注意するポイントは、
穴をふさぐ時に、必要以上に力を入れてギュッと押さえないことです。

下の写真を比べてみて下さい。

上が悪い例です。
必要以上の力が入っている時は、指が反っています。

指が反っていると速い動きに対応できませんし、腕や肩まで無駄な力が入ってしまいます。

下の写真のように、指を立てすぎず・反りすぎずの加減で、指がいつでも離れられるように最低限の力で押さえましょう。


まとめると、
☆上管は左手、下管は右手でおさえる。

☆上から、人差し指・中指・薬指の順番。

☆キーをふさぐのは最低限の力で十分。

☆キーをふさぐとき、指が反らないよう注意!


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

【基礎知識】クラリネットの組み立て方

カテゴリ:
前の記事で楽器の各部位をご紹介しました。

通常はこれらの各部位がバラバラに分解されてケースに入っているので、まずは組み立てる所から準備が始まります。

組み立てる順番を確認してみましょう!


①下管とベル

下管の裏側はキーが無いのでそこの部分をうまく持って、なるべくキーに圧力がかからないようにするのがポイントです。

コルクが固いときは無理矢理入れずに、コルクグリスを薄く塗ってから再度組み立ててみましょう。



②上管とタル

こちらも最初と同じように、なるべくキーに圧力がかからないように丁寧に扱いましょう。


③「下管・ベル」と「上管・タル」(①+②)

それでは上半分と下半分を合体させましょう。
その時にジョイント部分がぴったり合わさるように注意しましょう。



④最後に一番上にマウスピースを取り付けます。

マウスピースを最後にする理由は、
マウスピースは繊細かつ最も重要なパーツです。
もし組み立ての途中にぶつけたりして吹き口の所が欠けてしまったら使い物にならなくなるからです。

順番は以上となります。


ポイントのおさらいですが、
キー(金属部分)はとても曲がりやすいです!

コルクの接続部分が固いようなら、決して無理矢理入れようとせずに、コルクグリスを薄く塗ってから再度組み立ててみましょう。


また、各部位にメーカーのマークがついている場合は、
そのマークが必ず真正面で揃うようにしましょう。(特にベルとタル。)


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

【基礎知識】クラリネットってどんな楽器??

カテゴリ:
クラリネットは管楽器の中でも木管楽器(=木で出来た楽器)の仲間です。
1700年頃にドイツ人のJ.C.デンナーによって作られました。


クラリネットは音域によって、
種類がたくさんあります。

吹奏楽などで一番使われるB♭ソプラノ・クラリネット(通称ベークラ)の他に、それより高い音域が出るものや、逆にとても低い音が出せるクラリネットもあります。

楽器の種類についてはまた別の記事でご紹介します。



クラリネットの構造はこのようになっています。
最も一般的なB♭ソプラノ・クラリネットの図をご覧下さい。


上から、
・マウスピース
・リガチャー(締金)
・タル
・上管
・下管
・ベル  となっています。
さらに、マウスピースにはリードをくっつけます。
これらのどれが欠けてもいけません。


楽器が上達してくると、楽器屋さんに行ってリードやリガチャー、マウスピースの自分に合ったものを見つけるのも楽しみ方のひとつです。



B♭ソプラノ・クラリネットの音域は4オクターブ弱もあります。


クラリネットは移調楽器なので、
記音(譜面上の音)と実音(実際に出る音)が異なります。

B♭ソプラノ・クラリネットでは、記音のドを吹くと実際に聞こえてくるのはB♭ということになります。


まとめると…、
☆木管楽器の仲間。

☆1700年頃ドイツ人が作った。

☆マウスピース・リガチャー・タル・上管・下管・ベル+リードが必要。

☆音域は4オクターブ弱。

☆移調楽器である。


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

☆アンブッシュア形成のためのチェックポイント

カテゴリ:
こんにちは。
クラリネット講師の田中由紀奈です。

今回はアンブッシュア形成のためのチェックポイントについてです。

アンブッシュアが安定すると、音色・発音・タンギングなど全てのテクニックが安定してくるので、改めて確認してみてください(*^^*)
「下くちびるは巻く」ということは大前提として書いています。


下くちびるの下はへこんでいますか?
こちらの写真をご覧ください⇩⇩


この写真のように下くちびるの下はへこんでいますか?

あごは下に引っ張るようにして(決して力は入れすぎないように。)、下くちびるに近いところは楽器を支えるように上方向の意識を持ちます。
そうすると自然に下くちびるの下はへこみます。


口の開き方のイメージは三日月
こちらの写真をご覧ください⇩⇩


①の下くちびるのポイントに注意しつつ、口の形は三日月をイメージしてみましょう。(笑った時の口の形ともよく言いますね。)

最初のうちは鏡で確認しながら練習するといいと思います♪


マウスピースは上の歯側を浅く!
こちらの写真をご覧ください⇩⇩


「正しくない」のほうは、歯の位置が上と下で並行になっていますが「正しい」のほうは、上の歯の位置と下の歯の位置がずれていますね。

こうすることによって、下くちびるの支えがより確かなものになり安定します。

《画像引用》
クラリネット演奏技法
キース・スタイン著/全音楽譜出版社


以上、アンブッシュア形成のためのポイントでした♪
3・4月は定期演奏会が多い季節ですよね!
みなさん練習頑張りましょう〜☆


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら
大田区仲六郷にある、
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる  

《生徒募集中!》
レッスンのお問い合わせ・お申し込みは、

電話 : 050-3701-5565(10:00〜21:00)

メール : tanaka-cl@outlook.com

または
(別ウィンドウで開きます)

お気軽にどうぞ♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

このページのトップヘ

見出し画像
×