カテゴリ:
クラリネットは管楽器の中でも木管楽器(=木で出来た楽器)の仲間です。
1700年頃にドイツ人のJ.C.デンナーによって作られました。


クラリネットは音域によって、
種類がたくさんあります。

吹奏楽などで一番使われるB♭ソプラノ・クラリネット(通称ベークラ)の他に、それより高い音域が出るものや、逆にとても低い音が出せるクラリネットもあります。

楽器の種類についてはまた別の記事でご紹介します。



クラリネットの構造はこのようになっています。
最も一般的なB♭ソプラノ・クラリネットの図をご覧下さい。


上から、
・マウスピース
・リガチャー(締金)
・タル
・上管
・下管
・ベル  となっています。
さらに、マウスピースにはリードをくっつけます。
これらのどれが欠けてもいけません。


楽器が上達してくると、楽器屋さんに行ってリードやリガチャー、マウスピースの自分に合ったものを見つけるのも楽しみ方のひとつです。



B♭ソプラノ・クラリネットの音域は4オクターブ弱もあります。


クラリネットは移調楽器なので、
記音(譜面上の音)と実音(実際に出る音)が異なります。

B♭ソプラノ・クラリネットでは、記音のドを吹くと実際に聞こえてくるのはB♭ということになります。


まとめると…、
☆木管楽器の仲間。

☆1700年頃ドイツ人が作った。

☆マウスピース・リガチャー・タル・上管・下管・ベル+リードが必要。

☆音域は4オクターブ弱。

☆移調楽器である。


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ