アーカイブ

2016年05月

カテゴリ:
こんにちは!
クラリネット講師の田中由紀奈です。

本日も大人の生徒さんの出張レッスンでした♪

それなりに吹けるかたなのですが、
もうワンランク上の演奏に聞こえるためには「フレーズの始め終わりを丁寧に吹くと大人っぽい演奏になりますよ♪」とアドバイスしました。


☆フレーズの始めで気をつけることは、
入りが滑らないように、気持ち長めに丁寧に入ること。

ポイントは気持ち長めです。
あまり大げさすぎるとリズムを変えてしまうことになりますので、気をつけましょう。

フレーズや曲の入りを丁寧に吹くことは、曲に対する自分のスイッチをONにさせてくれるという利点もあるように思います。


☆フレーズの終わりで気をつけることは、
楽譜に指示が特に何もない場合は、「終わりですよ」というのがわかるように少しだけ音量を抑えながらフレーズをまとめ、最後の一音の余韻をしっかり聞くようにすると大人っぽい演奏になります。

逆に、フレーズの最後の音をぶつ切りにして雑に吹き終えてしまうと、それは「幼稚な演奏」になってしまいます。


終わりよければ全て良し」ではないですが、最後の一音の余韻まで気を配れる演奏をすると、途中でなにかヘマをしていたとしても聞く人の印象は良いと思います(*^^*)


運指のテクニックに自信がない方も、
こういったところに気を配れれば、
それもまた一つの強みになると思います。


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

教会にて演奏させて頂きました!

カテゴリ:
こんにちは!
クラリネット講師の田中由紀奈です。

本日は、ご縁あって
日本キリスト教団 戸塚教会のランチタイムにて演奏させて頂きました♪


私はクリスチャンではないので、
詳しいことはわからないのですが、

イースターから50日後のこの時期に
ペンテコステ」というお祝いをするとのことで、そのお祝いのランチタイムで演奏させて頂けるなんて感謝の一言です(>_<)


曲は、
アメージング・グレース」と
オンブラ・マイ・フ」の2曲。
伴奏はオルガンで弾いて頂きました☆


オルガンの伴奏で吹けるなんてなかなかない機会なので、私自身も吹きながら音楽に浸ってしまいました〜♪♪


終わったあと、皆さんから
「よかったよ〜!」
「涙が出そうになった」
などと非常にありがたいお声をたくさん頂いて、

クラリネットを吹いていてよかったなって改めて思いました(*^^*)

また明日から頑張るぞー!!


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》
レッスンのお問い合わせ・お申し込みは、

電話 : 050-3701-5565(10:00〜21:00)

メール : tanaka-cl@outlook.com

または
(別ウィンドウで開きます)

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

カテゴリ:
こんにちは!
クラリネット講師の田中由紀奈です。

今回は「スランプのときはちょっと休んでみては?」について。

こんなこと言うと、
熱心な先生方には怒られちゃうかもしれませんが…


私の過去の話なんですが、
一生懸命練習しすぎてたまにアンブッシュアがわからなくなってしまうことがあったんです。


そのまま無理に吹き続けても、なかなか上手くいかなくてイライラ…。
余計変な癖がついてしまいそうな状態でした。


そのときに実行したのが、
ちょっと吹くのをやめてみる
でした。

ちょっと」というのは自然に吹きたい気持ちがわいてくるまで。


そのかわり、吹く以外のできることをしました

☆楽譜を眺める

☆CDを聞く

☆Youtubeなどで演奏動画を見てみる

☆コンサートに出掛けてみる

☆音楽に関する本や雑誌を読んでみる

☆上手くいっていたときの状態を思い返してみる(イメトレ!)
などなど…


こんなことをしてるうちに、
吹きたくてしょうがなくなってきます。


特に、上手なクラリネット奏者の演奏をコンサートや動画で見ると、
「ちょっと真似してみようかな」
という気持ちがわいてきますよ!


以上「スランプのときはちょっと休んでみては?」でした!


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷でひっそりと開講している
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》
レッスンのお問い合わせ・お申し込みは、

電話 : 050-3701-5565(10:00〜21:00)

メール : tanaka-cl@outlook.com

または
(別ウィンドウで開きます)

一緒にクラリネットを楽しみましょう!
お待ちしております♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ



カテゴリ:
こんにちは。
クラリネット講師の田中由紀奈です。


今回は、あまり意識していない方も多いんじゃないかと思われる、
「指先の神経を目覚めさせる」ための練習方法をご紹介したいと思います。


レッスンしていると、
みなさん意外と「指先」=末端まで神経が目覚めてないんです!!


そんなぁ、赤ちゃんじゃないんだから〜
と思われるかもしれませんが本当なんです!


例えば、なんでもない2音間の往復を吹いてもらった時に、自分でも意識してないレベルで本当に一瞬運指がバラつくために間に関係ない音が入ってしまってたりするんです。


それを改善するためには…、

指をめちゃくちゃゆっくり動かしてみる!!


本当に、本当にゆっくりですよ。


キーを塞ぐ過程、キーから指を離す過程
自分の指の関節どのように曲げ伸ばしされるかを感じながら行うのが大切なポイントです。


やってみると、
結構神経を使うのがお分かりになると思います。

ちょっと気を抜くと、つい速く動かしてしまう…笑


そして、
この指は意外と動きが鈍いなとか、
離すのがほんの少し早かったんだなとか、
気付くことが必ずあるはずです。


私はこの練習方法を音大に入ってから先輩に教えてもらいました!



リズム練習、アーティキュレーション練習に加えて、騙されたと思ってぜひめちゃゆっくり練習試してみてください(*^^*)


★☆田中クラリネット教室☆★
ホームページはこちら

大田区仲六郷にある、
クラリネット個人レッスン教室です。
(京急雑色駅徒歩7分/JR蒲田駅13分)

・アンサンブル力(りょく)UP 
・運指のテクニックUP 
・音色、音程が変わる   

《生徒募集中!》
レッスンのお問い合わせ・お申し込みは、

電話 : 050-3701-5565(10:00〜21:00)

メール : tanaka-cl@outlook.com

または
(別ウィンドウで開きます)

お気軽にどうぞ♪♪

にほんブログ村 クラシックブログ クラリネットへ

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ

このページのトップヘ

見出し画像
×